2008年09月10日

立川志の輔独演会 立川談春が飛び入り

予定通り、昨夜は立川志の輔独演会を観に行く。会場の練馬文化センターは超満員。おそらく、自分が観に行った落語の会場としては一番キャパシティがあるホールのような気がする。その会場が超満員である。さすが今一番チケットが取り難い噺家である。

ネタは新作落語の「バールのようなもの」。いや〜面白かった。今回が初めての立川志の輔だったが、試してガッテンの司会とは全然違う。

15分の休憩の後、当然、古典落語で締めるのかと席に着くと、何と弟弟子の立川談春が登場。何でも対談の仕事が開演前にあって、そのまま帰るのも何なんで、急遽、登場ということになったらしい。ネタは「おしくら」。これもよかった。立川志の輔立川談春では微妙に客層が違う(志の輔の客の方がやや年齢層が高い印象)ようで、そこら辺を意識した軽いギャグも結構笑えた。

続いて兄さんの立川志の輔が登場。ネタは「井戸の茶碗」。良かった、面白かったとしか言えません。周りも大爆笑の連続だが、あまりの爆笑に近くの老人集団から老人臭が匂った程である(口開けて笑うからね)。以前、桂歌丸が「井戸の茶碗」を演るのを観たことがあるが、僕は歌丸さんより志の輔の方が良かった。

前回、立川流三人会のチケットが取れずブツクサ書いたが、今日はラッキーにも立川流二人会(?)が観れて満足の一日であった。

posted by ゴメス at 11:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106332396

この記事へのトラックバック