2009年04月03日

またまた落語 「ひる落語 ひる談春」立川談春独演会 下北沢タウンホール

月が替わっても落語通いは続いている。2日は下北沢で立川談春の独演会。昼の2時開演のひる落語だ。ひるということもあってか通常の談春の独演会とはやや雰囲気が違う。

少し緩んだ枕のような漫談のような雑談のような話が演目の間に入る。十分楽しめた。談春もやや夜の高座よりリラックスしている印象を受けた。

その枕だが立川流としては珍しい寄席に出た時の話。談春の交流のある噺家さん達の話などとても興味深かった。

最初の演目、「宮戸川」も聴くのは初めてだったがとても良かった。続きも是非聴いてみたいと思わせる出来だったと思う。

ところで談春からも「追っかけてる客」の話が出たが、僕もチケットが取れるなら是非追っかけたい。「追っかけてる客」はどうやってチケットを確保しているのだろうか?謎だ。

ひる落語 ひる談春立川談春 2009年4月2日
下北沢タウンホール

立川小春 「松竹梅

立川談春 「宮戸川
立川談春 「持参金
立川談春 「大工調べ

posted by ゴメス at 11:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック