2009年10月22日

「狂い咲きサンダーロード」銀座並木座で観る。

 80年代前半(?)まで銀座並木座と言う映画館があった。今の学生や若いサラリーマンには銀座と言えば「映画」ってイメージはあるのだろうか?

僕の学生時代は間違いなく「銀座=映画」ってイメージがあったように思う。

石井聰亙監督の「狂い咲きサンダーロード」はその並木座で友人と観た。正直B級もB級だが不思議とその後記憶に残る映画だった。

先日亡くなった主演山田辰夫さんはその後テレビドラマなんかでチラチラ見かけたが、僕には最後まで魔墓呂死(まぼろし)のジンであり続けた。オープニングに流れる泉谷しげるの「電光石火に銀の靴」がバイクの爆音と重なって最高だ。

posted by ゴメス at 15:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック