2010年04月16日

4月、日々感じたこと全般

2010年4月9日(金)
 朝日新聞朝刊、サッカー日本代表の岡田監督とHIRO(EXILE)の対談が掲載されていた。

 どっちが擦り寄ったか知らないが大手広告代理店が企画しそうな話だ。内容はなにもない。代表の応援歌をEXILEが歌うんだと。これも今流行りのコラボなんでしょうか?日本サッカー協会も肝心のチーム強化はできないくせに、セコイ金儲けだけは抜かりがない。

 勢いがついたのでサッカーネタをもう少し。

 日本サッカー協会の犬飼会長の存在意義って何だったのか?個人的には岡ちゃんの首を切ることのみ1点だと思っていた。が、それは自分の妄想だったみたい。Jリーグのクライマックスシリーズ導入にしろ、無能監督の続投にしろ日本のサッカーは世界基準から意識して背を向けているように感じる。日本は本当に鎖国した国だからなあ〜。

2010年4月12日(月)
 親戚Kさんと東駒形の居酒屋「稲垣」へ。終日雨で寒い一日だったが、楽しい酒だった。料理も旨かった。普段無口なKさんも楽しそうだった。また行きたい居酒屋だ。


2010年4月15日(木)
 またまた朝日新聞、しかもサッカーネタ。夕刊のコラムをご高名なノンフィクション作家の金子達仁先生が書いていらっしゃる。

 ま、コラムの趣旨を掻い摘んでまとめると日韓ワールドカップ(2勝)が早すぎたんで、観る方が贅沢になった。ワールドカップに向けた日本代表が今一盛り上がらないのもそこら辺に原因があると、そんな内容だ。

 日本代表が盛り上がらない原因は岡田が監督で弱いからだろ。攻撃力もないのでエンターテイメントとしても最低だ。で、それを認めず対策を打たない(岡田をクビにしない、後任を選ぶ能力も人脈もない)日本サッカー協会への絶望感が原因だろう。あまり複雑な話じゃない。金子さんもそんな事、十分承知してるが、それじゃあ、コラムとしては身もふたもなにので日韓ワールドカップなんか持ち出して行数をかせいだんだろう。う〜ん、この人、お仲間の川口、中田同様に最近見かけないはずだわ。

2010年4月16日(金)
 朝のTVでは村上春樹「1Q84」第3巻発売のニュース。早朝や深夜に販売してイベント感を演出する書店も。

 ところで昨年「1Q84」の攻略本(マニュアル本?)などの後追い本が目立った。結果、それらの本は売れたのだろうか?余計なお世話なのは承知の上だが、後追い本を読む時間があるならもう一度「1Q84」を読み返した方が良いと思うのだけど。今、書いてて気付いた。もしかして「1Q84」自体を読む前に後追い本を先に読んでいたりして。

 そう言う僕も「1Q84」まだ読んでいない。ブックオフの100円コーナーに並ぶ時期に読もうと思う。

posted by ゴメス at 13:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック