2010年09月17日

萩原健一、井上尭之、沢田研二。「傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーを」の映画化は無理かな?

後悔を特にする性格ではないが、このショーケン萩原健一のライブツアーは観たかった。隣でギターを弾いている井上尭之氏も素晴らしい。このライブに行った人は自慢できるよ。

いまでは完全に引退してしまった井上尭之氏のライブも残念なことをした。何年か前に厚生年金ホールでのライヴの模様を朝のワイドショーで観たことがある。盟友の沢田研二が普段着にビニール袋をさげて、そこらに買物ついでに現れたようないでたちで飛び入りしたライブだ。

井上尭之氏がライブツアーをする情報は知っていた。なんで行かなかったのだろう?井上尭之氏はその後、引退した。最近までは北海道の病院でボランティアをしながら、病院内の患者さんを相手にギターを聞かせてあげていたようだ。最後に厚生年金会館で井上尭之氏を観れなくて後悔している。ショーケン曰く井上氏を評して「ギターの腕は最高。だけど前に出てアピールするのが苦手」とのこと。性格だからしょうがないのかも知れないが彼のギターは最高だ。チャー山口富士夫が一目置くのも十分うなずける。

ショーケン萩原健一は一時期のトラブル続きからは脱したのだろうか。最近は再婚ネタでワイドショーに取り上げられる機会も目立つ。何年か前に出版された矢作俊彦氏の「傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーを」も良かった。もちろんあのTV「傷だらけの天使」の修(ショーケン)をモチーフにした作品だ。井上氏が引退した今、ライブは難しいのだろうか?声の問題もあるだろうし。音楽が無理なら「傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーを」の映画化、期待したいのだが。どうだろう。


posted by ゴメス at 14:32| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | ロックンロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

元キャロルの二人。内海利勝氏のギターは素晴らしい。ジョニー大倉は過小評価だ。

キャロルって言うと、どうしてもあの矢沢永吉氏の流れで語られることが多い。その次のパターンがジョニー大倉関連の語られ方か。ま、そのジョニー大倉もエーちゃんがらみから比べるととても少ないが。ある意味キャロルのリードギタリスト内海利勝氏は今では忘れられた存在だ。活動も矢沢永吉氏に比べると数万倍地味だ。だが音楽家としての質が決定的に矢沢氏より劣るなんて事は全然ない。その事はまた別の機会に書きたい。

僕はブラインド・ブレイクをここまで演る内海利勝氏が大好きだ。この映像を観ていつも思うのは「いつかこのように弾きたい」だ。

<


ところでキャロルの昔の映像を観ているとエーちゃんよりむしろジョニー大倉のバンドだったように思える。矢沢永吉ジョニー大倉。今では差がありすぎて誰も比べないけどジョニー大倉のあの声やサイドギターや詞がキャロルを体現していたのかな、と思う。ジョニー大倉もまた過小評価された一人だと思う。

<

2万人が体験!バッチリ当たる株銘柄情報!なんと1か月無料お試し!


posted by ゴメス at 13:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロックンロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

意外とたいしたことない神楽坂カフェ事情

カフェブームである。書店に行けばカフェを特集したムック本が並び、女性誌などでおしゃれ(?)なカフェが取り上げられることも珍しくない。

で、わが街神楽坂(やや近いだけね)のカフェ事情だが、何軒か雑誌などで取り上げられる店があるにはある。むしろ世間的には神楽坂=オシャレなカフェってイメージが少しはあるのかも知れない。だが、実際は雰囲気はともかくコーヒーが本当に美味しい店は殆どない(キッパリ)。はっきり言ってショボイ。

昨日、行った北町のキイトス○房のコーヒーは最低。あれで500円は酷いだろ。売りの店の雰囲気も、本やDVDが並んではいるものの、あの不味いコーヒーを平気で出せる店主のセンスじゃ自慢のコレクションもたかが知れてる。

トンボロもキイト○茶房よりはコーヒーは数倍マシだけど、抜群に旨いコーヒーではないと思う。温いコーヒーはどうも苦手だ。

ジョルジュ・サン○は特にコーヒー、ケーキの美味しい印象はない。旨くもないけど不味くもない。ただ、常連らしきバ○アの一団と遭遇すると最悪だ。何しろやかましい。どこにでもある普通の店。

最近、チェーン店に押されてか本当に旨いコーヒーを出す店は少ない。正直、神楽坂周辺では知らない。

自分の守備範囲区域では鬼子母神周辺は2軒程、美味しいコーヒーを出す店がある。最低の店も一軒あるが。

落語会で通った三鷹駅南口から真っ直ぐ伸びる商店街にある喫茶店も旨いコーヒーだった。

神楽坂に関してはわざわざそこを目当てに足を運ぶほどのカフェ(旨いコーヒー)はないってのが結論かなあ〜。
posted by ゴメス at 16:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

広告八つ当たり@ルイ・ヴィトンシリーズ広告の巻

特に高価なブランドに興味がある人間ではないが、最近のルイ・ヴィトンの広告には少し驚きを感じる。もちろんいい意味で。

最初、気になったのは、ルイ・ヴィトンのギターケースをホテルの部屋に置き、ギターを奏でるローリングストーンズキース・リチャード

最新作はブラジルのペレ、アルゼンチンのディエゴ・マラドーナ、そしてフランスのジネディーヌ・ジダンの3人がそろってサッカーゲームに興じている。その横にルイ・ヴィトンバッグ。う〜ん、ジダンが少し落ちるんじゃない?サッカー選手の質として。ペレマラドーナに失礼でしょ。欧州歴代最強選手って意味でもフランス歴代最強って意味でも納得できず。

サッカーネタじゃなかった。広告の話に戻る。

この広告、ペレマラドーナキース・リチャードルイ・ヴィトンのバッグにたいして興味なさそうな雰囲気がいい。プランナーもそこをポイントに企画をまとめたと思うが。ま、本当に本人達に興味があるかどうかは確認した訳じゃなく不明だけど、ルイ・ヴィトンに興味なさげな雰囲気が大事ってことね。

ところでルイ・ヴィトンのバッグと言えば、今、書店に並んでいる幻冬舎の雑誌「ゲーテ GOETHE」。矢沢永吉が表紙の号。

カメラマンの操上和美氏の記事が写真入りで掲載されてる。ルイ・ヴィトンのカメラバック(特注?)を使用しているみたい。しかもハードケース。う〜ん、かっこ悪い。カメラのハードケースにあの模様だよ。これ広告じゃなくて実際の愛用だからなあ〜。操上さんも所詮、広告カメラマン。自身の広告出演に抵抗感なんてないでしょ。いっそのこと自慢のバック持参でルイ・ヴィトン広告に売り込んだらどうよ。

posted by ゴメス at 09:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

遠くなった昭和のプロレス。金網デスマッチの鬼、ラッシャー木村さん死去のニュースを聞いて。


先月、国際プロレスの元エース、ラッシャー木村さんが亡くなった。
2〜3年前、新宿区の○母病院で健康診断を受けた時、待合室で車椅子の木村さんを見かけた事がある。顔見知りであろう女性の看護士さんとにこやかに話していた木村さんからは金網の鬼と呼ばれたリング上の荒々しいオーラはなく穏やかで優しい雰囲気が漂っていた。病院で車椅子である。体調が万全であるはずもない事は察しが付くが、特に衰えた印象はなく太い腕、骨太の体型は十分迫力があった。

現役時代の木村さんはアントニオ猪木の敵役のイメージや全日本プロレスノア移籍後のコミカルなパフォーマンスを思い浮かべる方も多いかと思う。だけど僕の様な40代後半のプロレスファンは、今は無き国際プロレスのエース、金網デスマッチの鬼としての木村さんの方がしっくりくる。

大相撲出身で比較的地味な風貌からジャイアント馬場アントニオ猪木の影に隠れてなかなかプロレスラーとして正当に評価された訳ではないが、そのガチンコの強さは桁外れだったとするプロレス関係者も多い。

昔のプロレスラーから最近のフリーファイトの選手までリング内外において対戦相手への暴言や過剰に自身の強さを誇示する挑発(実際強いかどうかは不明だが)は、プロである以上、選手の一つの仕事となっている感はある。木村さんの場合はそんなパフォーマンスからは無縁の男であった様に思う。

偶然コミカルな才能が開花した全日本プロレスノア時代のパフォーマンスも本意ではなく、客の入りが少ないなど厳しい時代ではあったが国際プロレスのエース時代がラッシャー木村の絶頂期であったと勝手に思うのは僕だけであろうか?

生活が許すなら新日本プロレスなんか殴りこまないで、例えB級団体と陰口を叩かれようが国際プロレスのエースとして活動したかった様に思う。その後の永源遥とのコミカルな抗争もやりたくなかったはずだ。

勝手な思い込みを長々と書いたけどラッシャー木村さんのご冥福をお祈り致します。木村さん、天国でもプロレスをやって下さい。くれぐれもジャイアント馬場と義兄弟タッグなど結成せず、得意の金網デスマッチジャイアント馬場の兄貴をKOして下さい。
posted by ゴメス at 16:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

4月、日々感じたこと全般

2010年4月9日(金)
 朝日新聞朝刊、サッカー日本代表の岡田監督とHIRO(EXILE)の対談が掲載されていた。

 どっちが擦り寄ったか知らないが大手広告代理店が企画しそうな話だ。内容はなにもない。代表の応援歌をEXILEが歌うんだと。これも今流行りのコラボなんでしょうか?日本サッカー協会も肝心のチーム強化はできないくせに、セコイ金儲けだけは抜かりがない。

 勢いがついたのでサッカーネタをもう少し。

 日本サッカー協会の犬飼会長の存在意義って何だったのか?個人的には岡ちゃんの首を切ることのみ1点だと思っていた。が、それは自分の妄想だったみたい。Jリーグのクライマックスシリーズ導入にしろ、無能監督の続投にしろ日本のサッカーは世界基準から意識して背を向けているように感じる。日本は本当に鎖国した国だからなあ〜。

2010年4月12日(月)
 親戚Kさんと東駒形の居酒屋「稲垣」へ。終日雨で寒い一日だったが、楽しい酒だった。料理も旨かった。普段無口なKさんも楽しそうだった。また行きたい居酒屋だ。


2010年4月15日(木)
 またまた朝日新聞、しかもサッカーネタ。夕刊のコラムをご高名なノンフィクション作家の金子達仁先生が書いていらっしゃる。

 ま、コラムの趣旨を掻い摘んでまとめると日韓ワールドカップ(2勝)が早すぎたんで、観る方が贅沢になった。ワールドカップに向けた日本代表が今一盛り上がらないのもそこら辺に原因があると、そんな内容だ。

 日本代表が盛り上がらない原因は岡田が監督で弱いからだろ。攻撃力もないのでエンターテイメントとしても最低だ。で、それを認めず対策を打たない(岡田をクビにしない、後任を選ぶ能力も人脈もない)日本サッカー協会への絶望感が原因だろう。あまり複雑な話じゃない。金子さんもそんな事、十分承知してるが、それじゃあ、コラムとしては身もふたもなにので日韓ワールドカップなんか持ち出して行数をかせいだんだろう。う〜ん、この人、お仲間の川口、中田同様に最近見かけないはずだわ。

2010年4月16日(金)
 朝のTVでは村上春樹「1Q84」第3巻発売のニュース。早朝や深夜に販売してイベント感を演出する書店も。

 ところで昨年「1Q84」の攻略本(マニュアル本?)などの後追い本が目立った。結果、それらの本は売れたのだろうか?余計なお世話なのは承知の上だが、後追い本を読む時間があるならもう一度「1Q84」を読み返した方が良いと思うのだけど。今、書いてて気付いた。もしかして「1Q84」自体を読む前に後追い本を先に読んでいたりして。

 そう言う僕も「1Q84」まだ読んでいない。ブックオフの100円コーナーに並ぶ時期に読もうと思う。

posted by ゴメス at 13:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

落語「柳亭市馬、柳家喬太郎二人会」、映画試写会「ハートロッカー」など。

2010年2月13日(土)
落語「柳亭市馬、柳家喬太郎二人会」
千葉の行徳まで出かける。柳亭市馬、柳家喬太郎二人会は去年の秋以来2回目だ。柳亭市馬の演目は「竹の水仙」。柳家喬太郎の「竹の水仙」もいいが市馬さんのもとても良かった。僕はこの噺が大好きだ。

帰りは行徳駅前で餃子を買って帰る。味は旨くもなくマズくもない。少し残念。こんなことなら早稲田の餃子の王将にした方が良かったかも。

2010年2月20日(土)
明治公園のフリーマーケットに出る。出品したものは着なくなった洋服、靴、雑貨など。事前にフリマ上級者の友人から聞いてはいたが古着の転売屋の存在には少し戸惑った。

こちらの許可も得ず、まだバックから出していない洋服も引っ張りだして値切る無礼者もいた。中には「この値段じゃ売れないよ」などと親切にアドバイスするふりをして擦寄り、目を付けた洋服を安く買い叩こうとする業者もいた。

ま、最終的には予想以上に売れたのでヨシとしよう。

2010年2月23日(火)
映画「ハートロッカー」試写会
ただで文句を言うのは申し訳ないが駄作だと思う。ことさら映画賞に価値を求める人間ではないけれど、この映画がアカデミー賞なんてどうかしてるんじゃないか?よっぽど他の作品が酷いのか?恐ろしい。これじゃあ「アバター」なんてなおさら観る気しない。

posted by ゴメス at 00:13| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

2010年最初の落語会、古今亭菊之丞を観る。

1月10日、今年最初の落語会を近所の榎町地域センターに観に行く。メインは古今亭菊之丞。地元の客を中心にした地域センター規模の落語会に古今亭菊之丞クラスの売れっ子が来るのは珍しい。

お題は「愛宕山」。僕にとって初の古今亭菊之丞は十分満足できるものだった。以前、立川生志「愛宕山」は観たが、正直、今日の古今亭菊之丞の「愛宕山」の方が断然良かった。特に太鼓持ちの描写は見事だった。また、追っかけたい落語家を一人見つけた感じだ。

posted by ゴメス at 16:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

2009年12月柳家喬太郎独演会、矢沢永吉@武道館、映画「マラドーナ」から書籍「たった独りの引き揚げ隊」まで

12月12日(土)
柳家喬太郎独演会@三鷹文化センター
三鷹まで。お題は忠臣蔵。喬太郎の新作あり、ゲストの柳亭市馬の歌謡ショーあり充実の内容。2009年の最後の落語鑑賞となる。来年2月の柳家喬太郎・柳亭市馬の二人会も楽しみだ。

12月17日(木)
矢沢永吉@武道館
義兄と観にいく。2008年はコンサート活動休止のため行けなかったがここ数年、年末の矢沢永吉は恒例になっていた。ステージは相変わらずスキのない演奏・演出で盛り上がる。矢沢永吉の場合、いい意味で音楽に金をかけてる印象をいつも受ける。今回も抜かりのないステージだった。

12月18日(金)
映画「マラドーナ」@シアターN
渋谷まで友人と観に行く。

監督は「アンダーグラウンド」「黒猫・白猫」のエミール・クストリッツァ。旧ユーゴスラビア出身のサッカー好き。

冒頭のインタビューでエミール・クストリッツァマラドーナに「俺はワールドカップで2度泣いた。一度はユーゴスラビアアルゼンチンにPKで負けた時。もう一度はあなた(マラドーナ)イングランド戦で5人抜いてゴールをイングランドから決めた時だ」と語りかける。

このやりとりからクストリッツァの西側諸国への不信感、イビチャ・オシムが率いた旧ユーゴスラビア代表への愛着、マラドーナへのシンパシーと畏敬の念がうかがい知れる。

90年のイタリアワールドカップイビチャ・オシムが率いた旧ユーゴスラビア代表マラドーナアルゼンチンの激突をフィレンツェで実際、観戦したので少しジーンとくる。

12月29日(火)
友人が英国から帰国。歌舞伎町の居酒屋「カンちゃん」で飲む。評判が良かったので予約したが料理・接客・店舗ともに評判倒れ。最近満足度の低い店に続けて当たってるなあ〜。

12月30日(水)
「たった独りの引き揚げ隊」(石村博子著、角川書店)を読む。サンボの世界チャンピオン、ビクトル古賀氏の少年期を描いたノンフィクション作品だ。帯の推薦文に元外務省職員の佐藤優氏が文章を寄せている。読み進むうちに佐藤氏が文章で指摘している通り、不覚にも目頭が熱くなる。日本人の父とコサックの娘の間に生まれた10歳の古賀少年が、終戦直後の満州から1000キロの道のりを独りで引き揚げてくる話である。冷静に考えるとある意味で悲惨な話ではあるが、不思議と暗くならずカラッとした印象を受ける。

posted by ゴメス at 17:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

ワールドカップ組合せ決定からロックンロールジプシーズライブまで。

4日金曜日、友人と軽く飲む。高田馬場鳥やす」→スペイン立ち飲みバー「タカダノバール」→エクセシオールカフェ

殆ど酒は飲まず、身体には丁度いい酒量だ。

話題はほとんどサッカー。子供のサッカーの話、来年は日本代表も浦和レッズJリーグも期待できないなんて話に終始する。

11時30分位に帰宅。深夜2時からのワールドカップ組合せ抽選会を観る。すぐ始まるかと思ったが抽選会は2時40分過ぎからとのこと。それまで南アの会場でやってるつまんない歌や踊りが放送される。時間を埋めるだけのあんなショーは苦手だなあ〜。しょうがないからギターの練習しながらTVを観る。

日本のEグループ、対戦相手が決まる。ま、岡ちゃんが監督でいる限り日本の予選落ちは決まったようなもの。本大会は期待しないでTV観戦だな。

ただ、対戦相手のオランダカメルーンデンマークは優秀な監督にとっては美味しい相手なのではと思ったりもする。強いことは間違えないがスキもあるチーム。岡ちゃんをクビにしてヒディングを持ってくるとか?ありえないけどモウリィーニョを貸してもらうとか。どちらにしても岡ちゃんじゃ無理だ。

5日、浦和レッズVS鹿島を自宅でTV観戦。前半(0−0)終了時に雨の中、高円寺まででかける。1年振りにロックンロールジプシーズのコンサート。

コンサート前、時間があったので高円寺の街をぶらつく。しばらく前の居酒屋火災の現場前を通る。

15年位前の街の印象が少し変わった。古着屋が目立つ。あったはずの書店もなくなっていた。

6時20分位に会場へ。たしか去年も同じ会場で観たが、少し観客が増えているようで嬉しい。

相変わらずの充実したライヴ。下山淳、ストラト代えたかな?花田氏も珍しくストラトを使う場面も。

2回、計4曲のアンコールの後、早々に外に出る。結構、強かった雨は止んでいた。だけどとても寒い。

9時30分ごろ帰宅。鹿島優勝、浦和レッズ(1−0)負けの結果知る。コンサートでは気分良かったのに。

posted by ゴメス at 16:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする