2008年09月05日

肉そば 椎名町 南天

立ち喰いそばは結構好きな方だが、「ここは美味しいなあ〜」と思う店は意外と少ない。以前、紹介した牛込柳町白河そばは別だが。

今日のネタは肉そば。自宅周辺で、肉そばがある立ち喰いそばと言えば飯田橋新目白通り沿い、みずほ銀行裏にある一軒。ただし、ここははっきり言って不味い。以前、旨いと紹介していたブログを見かけたけど僕の味覚では不味いと思う。

僕のお勧めは椎名町北口にある南天肉そば。ここの肉そばは旨いと思う。麺は一般的な立ち喰いそばより太麺でややボソっとした食感である。そばの上にはタレで煮込んだ肉が山盛りになっている。

あまり他では見かけない肉そばである。値段は390円。天かすはかけ放題。僕は注文したことはないが、肉そばにカレーをかける常連もいる。横で見てとても旨そうだった。こんどトライしてみたい。

場所は西武池袋線の椎名町駅北口を降りてすぐ。定休日は水曜日。

個人的にはこの南天白河そば立ち喰いそばの名店だと思ってる。

ここまで書いて思い出した。僕の実家がある旧浦和市に「池田」という立ち喰いそばの名店があった。まだ、営業しているのだろうか?以前、閉まってたと聞いたような記憶が・・。実家に帰った時に確認してみよう。

資料請求

posted by ゴメス at 17:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

おにぎり専門店 ぼんご 大塚駅

山手線大塚駅は、本当に地味な駅だが、飲み屋は充実している。僕は結構よく飲みに行く街だ。

おにぎりの名店「ぼんご」はそんな大塚駅北口のターミナルを抜けてすぐの所にある。駅から3〜4分程度。

東京では珍しいおにぎりの専門店だ。テイクアウトのお店は最近、結構あるが、ここはその場で食べられる。メニューはおにぎりと味噌汁のみ。おにぎりは1個220円と安くはないが、かなり大きいので割高な感じはしない。コンビニのモノとは全然違う食べ物だ。

たしか定休日は日曜日で、営業時間も深夜の12時位だったと思う。飲んだ帰り、立ち寄る人も多い。

クリック証券

失敗しない転職サポート【看護師転職ジョブ】

ナース人材バンク

看護適職フェア事前エントリー

人材紹介会社

71%の人が年収UP転職を実現!typeの人材紹介
posted by ゴメス at 13:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

「ジャージの二人」はショボい映画だった。

久しぶりに夫婦で映画に出かけた。観たのは「ジャージの二人」(監督:中村義洋 主演:堺雅人 鮎川誠)。

妻に言わせるとNHKの大河ドラマ「篤姫」の堺雅人がどうしても気になるらしい。僕的にも鮎川誠好きだから(ギタリストとして)、ま、いいか、っうことで観てきました。

感想は・・・。「ジャージの二人」これから観に行こうと考えている方がいるようなら、「悪いことは言わない。止めた方がいい」です。

たぶん僕が観た映画の中で、ここ数年で一番レベルの低い映画だったと思う。

映画監督の井筒和幸風に語るなら、この映画を観ると、映画は総合芸術だなんて到底思える訳もなく、映画なんて撮ってはいけない人が監督してると思いました。

今後は監督のクレジットに中村義洋氏の名前が出てくる作品を僕は観ることはないでしょう。ちなみに、この映画に期待してた妻もがっくりしてました。

【引越し比較.com】

posted by ゴメス at 10:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

大丈夫か浦和レッズの強化方針?本田圭佑獲得報道に思う。

ここ数日、浦和レッズオランダVVV所属の本田圭佑選手の獲得に乗り出していると、スポーツ新聞を中心に報道されています。

今回の本田圭佑獲得報道を見ての、個人的な感想ですが、浦和レッズは獲れそうそうな選手に声をかけている印象を受けるのですが、どうでしょうか?

今回の北京オリンピックの残念な結果から、いろいろ言われているようですが、個人的に本田選手は若く質の高い選手であると思ってます。

ただ、現在の浦和レッズの状態を考慮した時、絶対に欲しい人材ではないように思います。他に補強ポイントはあると思うのですが。

今回の本田獲得にしても、獲れそうだから取り合えず声を掛けているのがミエミエです。そこにはチーム強化の理想も哲学もビジョンもないように感じます。

現在の浦和レッズ停滞状態の原因は、明確なチームのグランドデザインをフロントが打ち出せないことにあるように思います。

どういうサッカーを実現していくのか、常に現場のチームはどうあるべきなのかといった理念が、現在の浦和レッズからは見えてきません。

チームの経営という視点からはここ数年の浦和レッズは、ある程度成功していると言えるのでしょう。その点は正当に評価されるべきだと思います(実際、評価されていると思う)。

ただ、チームの強化という視点からは物足りない。経営的な成功に比例したチーム内容ではないと考えるサポーターは多いと思います。経営的な成功からJリーグで唯一のビッククラブと称されることもありますが、ならばビッククラブに相応しいチームを作っていただきたい。

きれい事が好きな川渕キャプテンが喜びそうなレッズランドの経営などの地元還元はもう結構です。そんなことより、そろそろ本気でチームを強化してもらいたいものです。

優秀な選手に声を掛けるのも強化ではあります。それは認めます。ただ、それより先にビッククラブに相応しい監督・フロントが必要なのではないでしょうか?
posted by ゴメス at 13:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

大丈夫か日本サッカー協会。対ナイジェリア敗戦に思う。

10日の対ナイジェリア戦、大変残念な結果に終わりました。敗因は色んな人が色んなところで語るのだろうから、ここでは少し日本サッカー協会批判を少し。

日本サッカー協会は今回の北京オリンピック、本気で勝ちに行く気があったのでしょうか?

僕は日本サッカー協会が、本気で勝ちに行ったとは思えませんでした。

何かと話題となる監督の件にしても、彼より優秀な監督を見つけることはさほど困難なこととは僕には思えません。最終的に反町氏に任せたという結果は、北京オリンピックで入賞する目的から逆算されたものではないように感じます。日本人監督の育成という声もありますが、プロの監督(反町氏)に当てはめるには無理があると思います。

OA問題にしても現場の監督(反町氏)がオーバーエイジの優秀な選手(今回は大久保)をリクエストするのは当然だと思います。

問題はオーバーエイジ枠の説得ができなかった協会にあると思います。具体的には田嶋・小野の両氏です。

強化試合にしてもなんでアルゼンチンなんですかね?個人的には面白かったけど。強いって共通項はありますが、オランダ・ナイジェリアと何か関連は?これはフル代表にもあてはまるけど強化試合って言うよりスポンサーへの営業ですよね。

選手・監督など現場への批判はあるのでしょうし、しばらく続くように思います。ですが、その批判にしても慢性的な日本サッカー協会の対応のマズさを検証することが前提だと思います。

八つ当たり気味に言わせてもらうと、開会式の入場行進で田嶋の顔がTVに映った時から嫌な予感が・・。

マイスターセレクト コモディティ戦略ファンド
posted by ゴメス at 14:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

2008北京オリンピック 男子サッカー1次リーグB組 日本対ナイジェリア

試合日時:2008年8月10日 17時開始(現地時間)
試合結果:日本1−2ナイジェリア
     前半0−0
     後半1−2
得点  :ナイジェリア オビンナ(後半13分)
     ナイジェリア アニシェベ(後半29分)
     日本 豊田陽平(後半34分)
 
会場  :天津五輪センター体育場
観客  :42,592人
日本
先発メンバー
GK西川周作大分トリニータ
DF水本裕貴京都サンガF.C.)
  森重真人大分トリニータ
  内田篤人鹿島アントラーズ
  安田理大ガンバ大阪
MF細貝萌 (浦和レッズ
  本田圭祐VVVオランダ
  谷口博之川崎フロンターレ
  香川真司セレッソ大阪
  本田拓也清水エスパルス
FW李忠成 (柏レイソル
交代メンバー
細貝萌梶山陽平FC東京
李忠成豊田陽平モンテディオ山形
香川真司岡崎慎司(清水エスパルス)

ナイジェリア
先発メンバー
GKバンゼキン
DFオコンゴ
  アパム
  アデレエ
  アデフェミ
MFケイタ
  オビンナ
  オコロンコ
  アジロア
FWイザク
  オデムウィンジ
交代メンバー
オビンナエクポ
イザクオグブケ
オデムウィンジアニシェベ



    
 
タグ:サッカー
posted by ゴメス at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーデータベース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

東十条周辺の名店 草月

 今日は昨日、紹介した埼玉屋に向かう途中にある和菓子の草月を紹介したい。名物はどら焼きの黒松である。通常のどら焼きは、和菓子の中にあってもやや洋菓子風に感じるのは自分だけだろうか。そう言う意味では草月の黒松は完全に和菓子のどら焼き。あんこをはさむ生地は甘さ控えめで素朴な味です。値段も1個100円位でお手ごろです。
 年末31日の僕のミッションはお年賀用の黒松を早朝から並んで買うことになってます。通常は行列ができることはないようだが、保存料を使わず作り置きしない店の方針からどうしても31日は行列になるみたい。皆さんお年賀用に大量に買い込んでます。
 場所は東十条駅南口改札を出て左に坂を下って左側にあります。歩いて1〜2分です。
posted by ゴメス at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

東十条周辺の名店 埼玉屋

 埼玉在住で通勤・通学で東京に出る人は何となく十条,東十条駅のことは認識していると思う。ただ、都内屈指の地味な駅であることから、特に用事がなければ下車することはほとんどないと思いますが。
 僕はなぜか十条周辺に縁があるらしく、行き着けの飲食店が結構ある。何軒か紹介したい。
 まず、東十条駅南口にはもつ焼きの名店「埼玉屋」がある。ある人に言わせると「もつ焼きでは関東一では」とのこと。たしかに旨い。ただし、好きな物は注文できない。できるのかも知れないけど、まだ新参者(2回しか行ってない)の僕には大将を説得して好きな物をたのむ勇気がありません。まあ、この店で気持ち良く食べるコツは大将のお勧めは全部頂くことかも知れません。串物・肉好きは一度は行く価値のある店です。場所は東十条駅南口下車で改札を出て左に坂をくだり、やや大き目の道路を右折してすぐです。
posted by ゴメス at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

ニールヤング 「ライヴ・アット・マッセイ・ホール1971」

 夏に出たニールヤングの「ライヴ・アット・マッセイ・ホール1971」は良い。いろいろ噂のあった彼のアーカイブ・シリーズの第二弾である。昨年、出た第一弾の「ライヴ・アット・ザ・フィルモア・イースト」も良かったが、個人的にはこちらの方が好きである。
 彼の場合、昔の発掘音源も良いがいまだ現役感バリバリなところが素晴らしい。同じ60年代デビューのロックミュージシャン・ロックバンドと言われた連中が単なるポップスに成り下がっている今、ニールヤングは僕に「間違いなくロックを聴いている」と確信させてくれる貴重な存在である。来日公演の予定はないのか??。新譜も期待したいと思います。
アマゾン.jpg
posted by ゴメス at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ロックンロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

ロックンロールジプシーズ LIVE  新宿ロフト 2007年9月3日

 花田裕之率いるロックンロールジプシーズの久し振りのライヴ。友人「W」と新宿LOFTに観に行く。対バン、前座の関係か演奏曲数は12曲にアンコールなしとやや少な目ながら、相変わらず充実のライヴだった。あまりの爆音に、後日、友人「W」から「耳が潰れた」とメールがあった。

 メンバーの花田裕之池畑潤二下山淳が個人としても国内屈指のミュージシャンであることは言うまでもないが、「ロックンロールジプシーズ」というバンド形式に拘る姿勢がとても貴重に思えるし興味深い。

 個人的にはもう少し集客があってもいいのではと思う。恵比寿のリキッドルームで当日券が出ない程度の集客。11月16日に新宿LOFT、10月28日にさいたま新都心ヘヴンズROCKも行きたいと思います。

2007年9月3日 新宿LOFT セットリスト

01.NATURAL POWERED 1
02.只の夢
03.TRUCKIN'
04.No TIME
05.Let'em roll
06.N.W.O.
07.風の跡
08.Hey DJ
09.Muddy Man
10.LUCKY LOVE
11.光
12.Route 66



posted by ゴメス at 10:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする